【紫外線対策の素朴な疑問】曇りの日・雨の日は紫外線対策をしなくてもよい?

「日が照っていないから、今日は日やけ止め塗らなくてもいいよね。でも曇りの日は晴れの日よりも紫外線が出ているとも聞いたこともある……」と誰しも一度は疑問に思ったことがあるのでは? 今回はそんな紫外線対策あるあるの一つでもある、曇りの日・雨の日の対策についてお届けいたします!

曇りの日・雨の日は日やけ止めを塗らなくてもいい?

さっそくですが、ずばり! 曇りの日でも雨の日でも紫外線対策は必要です!
なぜならば、曇りの日でも雨の日でも地上には紫外線が降り注いでいるからです。

快晴時の紫外線量を100とすると、薄曇りの日には8~9割、曇りの日は約6割、雨が降っている場合は約2割程度の紫外線が降り注いでいます。

曇りや雨の日は、心地よく晴れているときほど紫外線量はありませんがそれでも地上には紫外線が降り注いでいます。ちりも積もれば山となる。曇りや雨だからと油断して日やけ止めを塗らないでいると、じわじわダメージが蓄積して気が付いた時には後悔してしまうかも……!
なので、未来の肌のためには曇りの日でも雨の日でも日やけ止めを塗って紫外線対策をすることが大切です。

こんな時も要注意!

うっかり日やけを注意するのは曇りの日・雨の日だけではありません。
紫外線は散乱・反射するのであらゆる場面でも注意する必要があります。
特に注意してほしいのが雪! なんと新雪では80%もの紫外線反射率を誇るので、冬だからと油断ができません!
そのほかにも、砂浜やアスファルト、水面も10~20%ではありますが、紫外線を反射してしまうので注意が必要です。

紫外線対策に隙は危険! あらゆる方向・あらゆる天気の時も降り注いでいるので、全方位からの対策を心がけてくださいね。

剱持百香
美容家のアシスタントを務めた後、独立。
美白命。365日紫外線対策を欠かさない美容ライター。
美容メディアにて、メイク・コスメ・インナーケア・スキンケアなど幅広く執筆。
オウンドメディア向けコラムや、広告、フリーペーパーなどの執筆も手掛ける。
SHARE