2018年12月、
花王はアウタースキン研究所を
立ち上げました。

人類の肌は、悲鳴を上げている。

他の動物や魚のように、毛皮や羽毛やうろこを持たない私たち。
その素肌は、いつも無防備にさらされている。

それは、進化の証とも言えるのかもしれないけれど、
今、ちょっと困ったことが。

年々強くなる紫外線、地球温暖化、電磁波、赤外線…
増えつづける環境ストレスに、
むき出しの素肌は、適応できなくなっているのです。

急激に変化する地球環境から、女性たちの肌を守りたい。
ビオレが、たくさんの挫折や失敗を乗り越え
たどり着いたのは、「アウタースキン」という考え方。
もう1枚の皮膚のような、隙間のないプロテクト膜で
全身を覆い、素肌を守ります。

環境ストレスなんて気にせず、安心して出かけたり。
よく晴れた日でも、好きなことを思いっきり楽しんだり。

10年後も、100年後も、健やかな肌で生きていくために。
ここ、アウタースキン研究所では、
環境ストレスの研究を、続けていきます。
私たちビオレの挑戦を、楽しみにしていてください。