「重ねれば重ねるほど効果UP?」UVケアの疑問を理解して絶対やけない夏に!

巷でよく聞く、UVケアの都市伝説と言っても過言ではないアレコレ。今回は、中でもよく耳にする「SPF値は足し算できる」、「飲む日やけ止めを飲めば日やけ止めは塗らなくて良い」、「数分の外出なら日やけ止めは必要ない」この3つの本当のところをご紹介いたします。

SPF50とSPF30の日やけ止めを重ねるとSPF80になる?!

SPF50の日やけ止めとSPF30の日やけ止めを重ねるとSPF80になるのでは? と思ったことがある方も多いはず。この答えは、残念ながら重ねることで数値がアップするわけではありません。なぜなら、それぞれの製品ごとに算出された数値がSPF値なので、単純に足し算して考えることはできないのです。しかし、SPF30のものを単品で塗るより、重ねることで紫外線防御効果は高まります。しっかり対策したい方は、日やけ止めの上に、紫外線防御成分入りの下地とファンデーションを重ねて使うのもおすすめです。

飲む日やけ止めを飲めば、日やけ止めは塗らなくても大丈夫?!

近年たくさん発売されている、飲む日やけ止め。飲むだけで紫外線のダメージを防いでくれる夢のような製品ですが、これだけでUVケアを完結させてしまうのは考え直したほうが良いかも。飲む日やけ止めは、塗る日やけ止めのように直接紫外線をブロックしてくれるのではなく、紫外線に当たることによって体内で発生してしまった活性酸素の発生を防いでくれるものです。活性酸素は、細胞をサビさせてシミやニキビ、シワ、たるみなど様々な要因となってしまう可能性があります。
なので、飲む日やけ止めを使用する方は、外側から紫外線をブロックしてくれる塗る日やけ止めと、内側から活性酸素の発生を防ぐ、飲む日やけ止めを併用することがおすすめです。

数分の外出なら日やけ止めは塗らなくても問題ない?!

洗濯ものを干すときや、ちょっと近くのコンビニへ行くときなど、たった数分の外出に日やけ止めを塗るのは面倒と思う方も多いはず。ですが、そのたった数分の紫外線でもダメージを受けてしまいますし、ちりも積もれば山となってしまいます!将来後悔しないためにも、素早く塗れるジェルタイプやスプレータイプの日やけ止めを使用するなどして、しっかり対策しましょうね。

剱持百香
美容家のアシスタントを務めた後、独立。
美白命。365日紫外線対策を欠かさない美容ライター。
美容メディアにて、メイク・コスメ・インナーケア・スキンケアなど幅広く執筆。
オウンドメディア向けコラムや、広告、フリーペーパーなどの執筆も手掛ける。
SHARE