“化粧下地”と“日やけ止め”はどっちが先?併用するもの? そのお悩みに答えます!

夏になると毎年気になるのが、化粧下地と日やけ止めどちらを先に塗るのか問題。化粧下地に日やけ止め効果が入っているものを使用すれば、なんとなく両方は塗らなくてもよさそうですよね。ですが、両者の役割をきっちり理解すればその必要性がわかります。

“化粧下地”と“日やけ止め”の役割

化粧下地は、その名の通り、メイクのファーストステップに使用するもの。肌表面をフラットに整え、ファンデーションの密着をよくする役割を持っています。ツヤ仕上がりやセミマット仕上がり、皮脂を吸着するもの、色ムラを整えるものなど、化粧下地によっても様々なタイプがあります。一方、日やけ止めは、紫外線から肌を防ぐことを1番の役割としています。ですので、あらゆる環境で肌を紫外線から防ぐために、汗・水、こすれにも強く、落ちにくいタイプが最近の主流です。

もちろん、日やけ止めの中にも下地のように色ムラを整えてくれるものもありますし、化粧下地の中にも紫外線を防いでくれるものがあります。
ただ、これからの季節は、化粧下地と日やけ止めを別々に選ぶことがおすすめです。
こんな肌になりたい! と理想とするメイクの仕上がりがある方も多いですし、これからの季節はレジャーやお出かけの機会も増えると思うので、日やけ対策を考えると、化粧下地だけでは心許ないですよね。化粧下地を使っている方も、日やけが不安であれば、必ず日やけ止めを使いましょう!

“化粧下地”と“日やけ止め”はどっちを先に塗ればイイ?

化粧下地と日やけ止めをどちらも塗る、となると気になるのがその順番。ズバリ、日やけ止めが先です。
化粧下地を先にしてしまうと、先ほど説明した通りファンデーションとの密着効果を半減してしまう可能性があるからです。
なので、メイクする際は日やけ止め→化粧下地の順につけてくださいね。

日やけ止めはスキンケア、と覚えれば化粧下地と日やけ止めの順番を間違えることなくメイクすることができますよ!

剱持百香
美容家のアシスタントを務めた後、独立。
美白命。365日紫外線対策を欠かさない美容ライター。
美容メディアにて、メイク・コスメ・インナーケア・スキンケアなど幅広く執筆。
オウンドメディア向けコラムや、広告、フリーペーパーなどの執筆も手掛ける。
SHARE